NSBAニュースレター(新型コロナウイルス関連)

競技部から第39回全日本スノーボード選手権西日本地区大会開催中止のお知らせ

緊急事態宣言の延長に伴い、第39回全日本スノーボード選手権西日本地区大会の開催を中止致します。

中止となる大会以下のとおりです。

○2月14日開催 スノーボードクロス競技(SX)

○2月15日開催 ハーフパイプ競技(HP)
        AWC 中部、東海、西日本合同
○2月23日開催 ジャイアントスラローム(GS)

○2月23日開催 パラレルスラローム(PSL)

○2月26日開催 スロープスタイル競技(SS)

誠に残念では御座いますが何卒ご理解とご了承をお願いします。

<全日本スノーボード選手権選抜方法>

SXは地区大会の代わりとなる該当大会が2月13日開催のドリームクロス「ドリクロ」となります。
ドリクロの成績順にて、オープン男子の出場枠の50%と35+男子の出場枠の50%を選抜致します。
オープン男子と35+男子の残りの50%とオープン女子は2月5日付けのウイークリーランキングの上位より選抜致します。

PSL、GSは該当大会となるKIMUTOMO CUPの成績順(公認カテゴリーのみ)にて50%。
残りの50%は1月29日付けのウイークリーランキングの上位より選抜します。
KIMUTOMO CUPで公認大会として開催していないカテゴリーは1月29日付けのウイークリーランキングより
100%選抜致します。

HP及びSSの選抜方法に関しましては現在調整中ですので改めてお知らせ致します。

中止決定の事業は、デジエントリーの規定に従い返金いたします。連絡があるまでお待ちください。

日本スノーボード協会競技本部の公式発表 (2021/2/4更新)

緊急事態宣言発令中の公認競技会の対応について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です